婚活をされている方へ。北海道から沖縄まであなたに最適な結婚情報サービスを案内する比較・検証サイトです

ブライダルネットの特徴と評判をどこよりも詳しく紹介

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブライダルネット3つの特徴

ブライダルネットは東証一部上場企業である株式会社IBJが運営する婚活サイト。1999年に日本で最初のインターネット結婚情報サービスとして誕生しました。

 

株式会社IBJは他にも、結婚相談所IBJメンバーズ、婚活パーティーサービスパーティーパーティー、合コンサービスRUSHを手掛けています。

 

無料で「いいね!(あいさつ)」「メッセージ」が送り放題

ブライダルネットは老舗の婚活サイトですが、時代に合わせてシステムを適宜変更しています。

 

そして、最近では2017年3月8日にシステム変更を実施。格段に使いやすいサービスとなりました。

 

基本的な仕組みとしては、最近主流になっているペアーズのようなマッチング型。

 

気になるお相手候補を見つけたら「いいね!」(※ブライダルネットの場合は「あいさつ」)を送り、相手がOKであればメッセージ交換に移行するという流れです。

 

そして、大きく他のサービスと異なるのはここから。

 

他社サービスの場合、男性会員はメッセージ2通目からは有料会員になる必要があるのが一般的。

 

しかしながらブライダルネットの場合、男女とも無料会員のままメッセージが送り放題なのです。さらに、「あいさつ」を送る回数も無制限1日最大60人までマッチングが可能です。

 

 

有料会員になるタイミングは連絡先交換を行う時。

 

メッセージ交換を重ねてお互いがわかりあえた時に有料会員に移行。連絡先を交換して、初デートやお見合いなど実際の出会いへとつなげていきます。

 

このシステムであれば、「有料会員になってメッセージ交換を始めたとたん、音信不通になって損した」ということがなくなり、無料会員のまま見極めが可能になります。

 

現在主流のマッチング型サービスの不満を解消した仕組みといえますね。

 

 

利用者にとって非常にありがたいことです。

 

婚活のプロ「婚シェル」に無料で相談が出来る

お伝えしたように、運営会社の株式会社IBJは、IBJメンバーズという結婚相談所サービスも手掛けています。

 

そして、IBJメンバーズのスタッフである「婚シェル」に対して、婚活に関する相談をインターネット上で行うことが出来ます。

 

下記は「婚シェルの婚活相談室」の画面になります。

 

 

回答まで2〜3営業日を要しますが、こちらも無料のサービス。

 

婚活サイトでありながら、結婚相談所のようなサポートを受けられ、さらに無料というのはちょっと他に見当たりませんね。

 

カップルが成立しなければ「全額返金保証」が受けられる

有料会員になることで、連絡先を交換が可能になり、連絡先交換が完了すれば「カップル成立」となります。

 

そして、ブライダルネットには有料会員向けの「全額返金保証」が用意されています。

 

 

その内容としては、有料会員に登録後、182日間以内に「連絡先交換」が成立しなかった場合、6か月分の月会費を全額返金するというもの。

 

もちろん、そのためには下記のような諸条件がありますが、ブライダルネットで真剣にお相手を見つけようと考えている方には嬉しい制度といえます。

 

「全額返金保証」の適用条件

・入会後8日目から「あいさつ」を毎日1回以上行っている
・入会後8日目から「みんなの日記」を3日間に1回以上投稿している
・入会後8日目から「みんなのマップ」に3日間に1回以上チェックインしている
・入会後1週間以内に顔写真・全身写真の提出を行っている
・入会後1週間以内にすべてのプロフィール項目を記入している
・入会後1週間以内に自己PRを200文字以上記入している
・入会日から確認終了までの期間有料会員である、かつ、一度も休会していない

 

ブライダルネットのサービス内容を動画で確認する

 

その他の確認項目

運営会社 株式会社IBJ
サービス開始日 1999年
写真閲覧方法 会員ページで閲覧可【写真掲載率70%】

※有料会員になるとボカシが取れる

出会いの方法 「あいさつ」送信からメッセージ交換に繋げる
紹介人数 制約なし
必要書類 ・本人証明(運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれか)

・住所証明《任意》
・勤務先証明《任意》
・年収証明《任意》
・学歴証明《任意》
・独身証明《任意》

入会資格(男女共通) 20歳以上の独身者

 

ブライダルネットの無料会員登録はコチラ

登録から結婚までの流れ・やり方

ブライダルネットに登録してから結婚までの流れをご紹介いたします。

 

【ステップ1】会員登録
公式サイトから会員登録。facebookを利用すると基本情報を記入す手間が省けます。プロフィール作成と写真提出(任意)を行います。

↓↓

【ステップ2】お相手探し
お相手候補の探し方は次の通り。「ソーシャル婚活」として、日記やマップから相手のことをより理解出来る仕組みとなっています。

 

・約30項目の絞込検索
・ぴったりのメンバー
・「みんなの日記」を閲覧
・「みんなのマップ」を閲覧
・「足あと」「お気に入り」を確認

 

↓↓

【ステップ3】アプローチ
気になる相手へのアプローチは次の方法が挙げられます。

 

・あいさつ
・お気に入りに追加
・婚シェルのお相手紹介(有料会員のみ)
・「足あと」を付ける
・日記に「いいね!」を送る
・マップに「いいね!」を送る

 

↓↓

【ステップ4】メッセージ交換
自分が送った「あいさつ」に相手がOKする、もしくは相手から届いた「あいさつ」に自分がOKすると、「ちょい話そう」のステータスとなり、メッセージ交換が出来るようになります。

 

メッセージは7日間、何度でもやりとりが可能です。但し、この段階で連絡先交換を行うと強制退会となってしまうので注意しましょう。

 

↓↓

【ステップ5】連絡先交換(カップル成立)
お互いが合意すれば連絡先交換へ。その場合、「もっと話したい」というボタンを押します。

 

そして、有料会員になると交換が可能に。連絡先は「メールアドレス」「携帯番号(電話番号)」「LINEのID」から選べます。

 

↓↓

【ステップ6】交際、結婚へ
ここから先は自助努力になります。初デートへとつなげ、交際、成婚に進むべく頑張りましょう。

会員数や年齢層、年収などについて

2017年2月にブライダルネットが公表した最新データです。

 

アクティブ会員数が30万人を突破、1カ月あたりのカップル成立数は16,282名となっています。2016年1月の会員数が26万人でしたので、会員数は増加傾向にあります。

 

会員数と男女比

婚活サイトとしては珍しく、女性の割合が多いです。男女比のバランスの良さが特徴的です。

  男性 女性 会員数合計
人数 145,309名 189,337名 334,646名
割合 43.4% 56.6% 100.0%

 

男女別年齢構成比

男女共、26〜35歳がボリュームゾーンになっています。

年齢 男性の年齢別割合 女性の年齢別割合
20〜25歳 7.4% 10.2%
26〜30歳 23.0% 34.6%
31〜35歳 27.2% 29.7%
36〜40歳 20.6% 15.3%
41〜45歳 13.0% 6.9%
46〜50歳 5.7% 2.4%
51歳以上 3.1% 0.8%
合計 100.0% 100.0%

 

男女別年収構成比

男性の約3分の1は年収600万円以上。日本の平均年収420万円を上回る人が多くいます。

年収 男性の年収別割合 女性の年収別割合
〜300万円 4.1% 42.0%
300〜400万円 13.9% 35.7%
400〜500万円 22.4% 15.4%
500〜600万円 25.8% 4.7%
600〜700万円 13.9% 1.3%
700〜800万円 7.6% 0.4%
800〜900万円 4.3% 0.2%
900〜1000万円 2.4% 0.1%
1000万円〜 5.9% 0.1%
合計 100.0% 100.0%

 

男女別学歴構成比

男性の約75%、女性の約55%が大学・大学院卒の学歴となっています。

学歴 男性の学歴別割合 女性の学歴別割合
義務教育 0.4% 0.3%
高校 11.4% 11.9%
高等専門 1.5% 1.1%
専門学校 9.0% 17.4%
短期大学 0.9% 14.7%
大学 62.3% 51.6%
大学院 14.7% 3.0%
合計 100.0% 100.0%

 

男女別学仕事構成比

男性は無職の場合は会員になれません。男女とも、会社員と専門職の割合が大きいです。

職業 男性の職業別割合 女性の職業別割合
会社員 70.3% 74.4%
経営者・会社役員 3.8% 0.2%
公務員 4.8% 1.7%
専門職 19.8% 19.6%
その他資格職 1.4% 2.3%
学生 0.0% 1.3%
無職 0.0% 0.5%
合計 100.0% 100.0%

 

男女別エリア構成比

全国に会員が存在しますが、特に都市部の割合が大きいです。

地域 男性のエリア別割合 女性のエリア別割合
北海道・東北 3.6% 3.1%
関東 58.3% 58.7%
甲信越・北陸 1.2% 0.6%
東海 12.4% 10.6%
近畿 19.5% 23.3%
中国 1.2% 0.7%
四国 0.4% 0.2%
九州・沖縄 3.3% 2.8%
合計 100.0% 100.0%

 

ブライダルネットの無料会員登録はコチラ

料金体系と無料で出来ること

ブライダルネットの会員はビジターメンバー(無料会員)プラチナメンバー(有料会員)に分かれます。

 

そして、無料会員で利用出来る範囲が非常に広いのが特徴です。特に、メッセージ交換し放題というのが大きいですね。

 

ビジターメンバー(無料会員)が出来ること

・「いいね!(あいさつ)」し放題(1日最大60人までマッチング)
・メッセージ交換し放題(期限は7日間)
・日記やマップの書込み・閲覧
・婚活のプロ「婚シェル」に相談

 

プラチナメンバー(有料会員)になると出来ること

 

写真のボカシが取れる
無料会員の場合、相手のプロフィール情報にはボカシがかかっていますが、有料になることでクリアになります。

 

婚シェルが推薦文を付けて相手に紹介
婚シェルが自分の魅力を伝える文章を作成し、気になる相手に届けてくれる機能。自分の良さを第三者がアピールしてくれることで、マッチング成立度が高まります。

 

メール交換中に連絡先を交換出来る
メールアドレス、電話番号、LINEのIDいずれかをお相手と交換が出来ます。

 

交際にすすむために必要な過程であり、無料会員中に連絡先を交換すると強制退会になってしまうので注意が必要です。

 

プラチナメンバー(有料会員)の料金体系について

月会費コース年会費コースの2つのコースがあり、成婚料や入会費は一切かかりません。

 

お伝えしたように「全額返金保証」がある他、LINEで友達追加をすることで、割引クーポンをもらえます。

 

また、お支払いは全てクレジットカード決済となります。

 

  料金(税込) 1ヶ月あたりの料金(税込)
月会費コース 3,000円 3,000円
年会費コース(一括) 30,000円 2,500円
年会費コース(分割) 2,500円×12回 2,500円

 

結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット

ブライダルネット評判や感想、体験談などの口コミ

良い評判

30代になり親もうるさいので、ネットで検索しているうちにブライダルネットの評判が良かったので入会しました。入会してすぐに沢山のお申込みがきて、その中から現在の彼氏と巡り合えたので入会して良かったです。また、他の方にも数人お会いしましたが、どの方も皆さん真面目に婚活されている方ばかりでしたよ。

 

女性が無料のところも登録したけど、そちらでの男性は結婚相手を探すより遊び相手を探している男性が多かった気がします。ただ、年会員で入会したのに5ヶ月で相手が見つかり退会したので、月会員で入会しても良かったかなと思いました。でも素敵な彼と出会えたから大満足です!
(30代女性)※一般サイトより

他の結婚相談所では待ってるだけで、バツ1の私には全く紹介がありませんでした。
しかしブライダルネットでは自分からアピールする事も出来るので、条件的に相手から選ばれにくい人でも、自分の良さを出していけば相手が見つかります。
そしてプロフィールから優しそうな彼にコンタクトを取り、結婚へとつながりました。
※一般サイトより

利用期間は1年以内。仕事で不規則な生活になっていたので、ネットで相手を探せるというのが絶対条件でした。出会い系には登録する勇気がなかったので、ブライダルネットを選びました。
写真をみた女性から申込みをいただき、そこから交際をスタートさせました。写真を載せてからかなり反応があったので、写真を載せるのは大事だというのがよくわかりました。
年会員になったのに半年かからずに利用する必要がなくなりましたが、今の彼女が見つかってよかったです。
※一般サイトより

私は、5月にブライダルネットに登録した30代半ばの女です。

 

あいさつが来るのが40代が多い中、私は同年代を希望していたので、稀に来る同年代の男性を選んで、ちょい話そうからもっと話したいを成立させ、実際に3人とお会いすることができました。

 

私が実際に会ってみた方々は、3人ともサクラとは思いませんでした。

 

でも、うち1人の方は写真がだいぶ昔のものらしく、見たときに「えっ。。」という感じでぽっちゃりと変わられている方もおりました。

 

そして私は、3人目に会った同い年の方と付き合う事になり、現在は4回ほど会っている段階です。

 

ネット婚活は不安だったので、自分の免許証を見せて彼のも見せて貰いましたが、間違いなく本人だと思います。

 

私は本人確認を行っているプラチナメンバーとしかお会いしておりません。

 

でも、まだ結婚はしてないので、なんとも言えませんが。。。

 

参考になれば幸いです。
QAサイトより

イマイチな評判

ブライダルネットは会費がとても安いので、あまりにも気軽に入れてしまうのが難点といえば難点でしょう。結果的にたくさんの人数がいたとしても、一人の女性に一日あたり100件とか申込が集中するので、人気のある女性ほど選べないという問題はあると思います。

 

男性にしてもそんな宝くじの確率みたいなものに一喜一憂するのかと思えば、人数が多いことやメールで申し込みできるのが効率のよい探し方なんだろうかと考える必要はあると思います。
私はオーネットに入っていましたが、ここでは全然決まらなかったし、会員の相談にもろくに乗ってくれませんでした。でも評判はいいみたいです。

 

一応、大手といわれるところに一社くらいは申し込んでおくのが無難だと思います。かけもちしておいてもいいですしね。
※QAサイトより

北関東の者ですが、いざ入会して近隣で検索してみると都心の方が多く、同県在住の方がほとんどいなくてがっかりしました。検索システムもエリアは「関東」とくくりが大雑把で探しにくかったです。
(34才・会社員 )※一般サイトより

私はどちらかというとグイグイ引っ張ってくれる男性が好きなのですが、会う男性はどなたも人見知りな感じで、食事をしていても楽しくなかったです。
あと、プロフィールで「あ、この人いいかも」っていう人に限って顔写真がなかったので、ブライダルネットを使ってすぐに良い人が見つかるって思っていると期待を裏切られますw
ある程度の根気は必要ですね。婚期を逃さないためにも。
(33歳)※一般サイトより

 

ブライダルネットをまずは無料で利用してみる

ブライダルネット攻略のコツ

ブライダルネットを利用して、婚活に成功するためのテクニックをまとめています。ご参考にしてください。

 

プロフィールは出来る限り埋め、写真も掲載する

プロフィールの各項目は全て埋めるのが望ましいです。

 

なぜなら、異性がお相手探しをする際は、検索機能を使い条件を絞って探す方法がメイン。

 

その際に埋めていない項目があると、検索時にひっかからず、対象から外れてしまうためです。

 

特に年齢非公開にしている人もいますが、年齢はよく検索される項目ですので、きちんと記入をしておくべきです。

 

提出書類・証明書は全て出す

ネット婚活を利用している人が一番不安なのは「経歴詐称の会員に騙されないか」ということ。

 

よって、相手に信頼してもらうため、任意の証明書類も全て提出することが望ましいです。

 

私も体験済ですが、全て出している人の割合は多くない分、提出することで相手からのアプローチの数や自分からのアプローチに対する返信率が各段に向上します。

 

特に、「あいさつが来ない」「返事が来ない」と嘆いている人は面倒がらずに書類の準備をしてみてください。

 

ソーシャル機能を積極的に活用する

「みんなの日記」「みんなのマップ」を使いたくさん情報発信しましょう。

 

投稿する度に、自分のパーソナリティーを理解してくれる人が増え、「いいね!」をもらったり「あいさつ」が来たりします。

 

何気なく日記を投稿したら、同じ趣味を持った人からアプローチがあったということもあります。

 

足あとや日記、マップを閲覧した人の、「いいね!」返信率は高いので、反応があった人の中で気になる人がいたら、積極的にアプローチをしてみましょう。

 

メッセージのテンプレートは避ける

ブライダルネットでは、メッセージを送る時に簡単に送れるテンプレート機能があります。

 

この機能を使うと文章を作る手間が省けるのでとても便利なのですが、利用するのは控えるべきです。

 

なぜなら、特に女性は多くの人からメッセージをもらうため、届いたメッセージがテンプレートだとすぐにばれてしまうのです。

 

そうなると、「どうせ他の人達にも同じ文章を送っているんだろう」と思われ、返信率が著しく落ちるのです。

 

相手のプロフィールをしっかり確認し、その人だけに向けたオリジナルのメッセージを届けるべきです。

 

「もっと話したい」のタイミングについて

メッセージ交換から、連絡先交換に進むには、「もっと話したい」ボタンを押して相手にその意思を伝えます。

 

メッセージが出来る期間は7日間ですが、この期間をフルに利用する必要がありません。

 

3〜4回のやり取りでおおよその判断がつくケースが多いです。

 

そのため、これ位の回数のやりとりを行ったら、一度相手の意思を確認してみると良いでしょう。

 

ブライダルネットのキャンペーン情報をチェックする

サクラ・既婚者・ヤリ目等の危険人物は?

 

婚活サイトを利用する際の不安な点としては、「変な人とコンタクトを取ってしまわないか」ということでしょう。

 

結婚相談所のように入会時に証明書類の提出が必須ではないため、経歴を詐称しても使えてしまう点が婚活サイト最大のデメリットです。

 

そのため、出来るだけ証明書提出済の方からお相手探しを行うべきです。

 

ブライダルネットにおけるサクラや既婚者、ヤリ目などの存在について調査してみました。

 

サクラについて

婚活サイトにおけるサクラの典型的なパターンは、出会い系サイトの業者が会員になりすまし、他の出会い系サイトへ誘導させるというものです。

 

この点に関し、ブライダルネットのシステムではメッセージ交換中では、連絡先が書けない仕組みになっているので、出会い系サイトのアドレスを送れません。

 

暗号化して送っても自動検知して、即バレして強制退会させられる強固なシステムです。

 

よって、サクラの心配はいりませんし、実際にこちらの被害にあったという情報も見つかりませんでした。

 

既婚者について

こちらは現実的に既婚者でも利用出来てしまいます。よって、「ブライダルネットでやりとりしている人が実は結婚していた」という可能性はゼロではないでしょう。

 

会員が既婚者であることが発覚すると、通報され、独身証明書を提出しなければ強制退会となります。

 

しかしながら、通報される前に既婚者と出会ってしまう可能性も否定できません。

 

もし、付き合う段階に入り、確証が持てないようでしたら、相手のフェイスブックページをチェックする、もしくは独身証明書を提出してもらうようにしましょう。

 

ヤリ目の会員について

ヤリ目とは体目的のこと。結婚したいから入会しているのではなく、遊びたい方入会しているというわけです。この場合、目的を果たしたらやり逃げするので要注意です。

 

ヤリ目の人は早く会いたがり、早い段階で体の関係をせまってくるという特徴があります。

 

こればかりは、全ての証明書を提出することも出来てしまうのでなかなか見抜けません。簡単に体をゆだねないことです。

 

ブライダルネットは入会時に本人確認が必須で、結婚詐欺のような事件を起こしたら身バレをしてしまうので、ここまでのことをする人はほとんどいないでしょう。

 

しかしながら、慎重に取り組む必要があることも意識しておきましょう。

休会・退会(解約)・再登録の方法

ブライダルネットに登録後、交際ステータスに入ったり、仕事で忙しくなったりした場合は、休会、もしくは退会をする必要があります。

 

「辞めたい」と考えるようになった時の方法をお伝えいたします。

 

休会の方法

ブライダルネットでは、有料会員のみ「休会制度」があります。

 

「MY設定」の「休会」より手続きが出来、休会ステータスになるとプロフィール情報が非表示になります。

 

但し、注意すべき点があります。それは、休会中も毎月の料金が発生することです。

 

これはちょっと頂けない仕組みです。休会中は支払いが発生しないのが一般的ですからね。

 

有料会員の人が休会する場合、無料会員に移行してから、そのまま放置するというのがベストです。

 

退会の方法

退会をする場合は、無料会員になる必要があります。無料会員になり、画面から次のように遷移します。

 

「よくある質問」→「メンバー登録」→「ブライダルネットを退会するには?」→「退会アンケート」

 

退会アンケートに回答して送信することで、手続き完了。数日後に受理された旨の連絡が入ります。

 

そして、注意したいのが、有料会員から無料会員に移行する時、数日間かかること。

 

有料期間最終日に、無料会員になる手続きを行っても即日ではないため、自動更新されて翌月分の料金まで支払うハメになってしまうのです。

 

私は最終日にこのことを知り、事務局に電話をして当日中に必ず移行するように強く訴えて、対応してもらいました。

 

トラップとも言えるほどの仕組みなので注意してください。

 

再登録の方法

退会後も再度入会することが可能です。

 

但し、前回のデータは退会時に全て破棄されているので、本人確認書の提出や写真提出、プロフィール作成を全て1から実施する必要があります。

【まとめ】やってみた感想と評価

ネット婚活サイトの老舗ということで、良い出会いを期待して半年間ほど利用しました。

 

※会員向けマイページ

※連絡先交換のオファーが来た時

 

ブライダルネットの肝はソーシャル婚活にあります。

 

日記やマップをせっせと使えば使うほどいろいろな人とつながるようになっていきます。

 

マイページ上でもたくさんの日記や活動状況が確認出来るのですが、ちょっと気になったのはエリアを制限できないところ。

 

私は東京在住なのですが、日記を見て良いなと感じても、広島にお住まいの方だったり。。。

 

さすがにそこまでの遠距離だとお会いするのは難しいです。せめて関東エリアの会員だけの日記を表示するなどのセグメントが出来れば使いやすさもアップしていたでしょう。

 

以前は他のサイトに比べて会員が少ない印象があったのですが、システム変更もあり、ここ数カ月で会員数が急激に増えている印象があります。

 

やはり会員が増えれば、出会う機会も多くなっているので良い傾向です。

 

結婚相談所を運営している東証一部上場企業会社が手掛けているという点で、安心感もあります。

 

何より、無料会員のままメッセージを送り放題というのはとても嬉しいですね。

 

公式サイトへのボタン

 

こちらもおすすめ

ユーブライド

ミクシィグループが運営する、1999年開始の老舗婚活サイト。当サイトスタッフはここでお相手を見つけました。成婚退会の6割が3か月内に結婚相手を見つけています。

 

エン婚活

「オンライン結婚相談所」という新しい基軸を打ち出した婚活サイト。専任コンシュルジュが就き、相談所と同じ質のサービスを受けられます。料金は相談所の10分の1。

 

ペアーズ

2012年にサービスを開始して以来、利用者が急上昇。累計会員は450万人を突破しています。「いいね!」送信によるマッチングとシンプルな仕組みが好評です。

 

関連する記事

婚活サービス全リスト一覧

都道府県別結婚相談所一覧

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【毎月1日更新】先月の利用者数総合ランキング

ユーブライド 当サイト管理人が成婚!+31日間無料キャンペーン
ユーブライドのLP 【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】27,840円(税込)※無料会員のまま成婚も可
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

1999年開始の老舗で累計会員数は110万人を突破。東証一部上場企業ミクシィのグループ会社が運営。
新規会員ほど出会いの機会が優遇される仕組み。成婚者の約6割が3ヶ月以内に退会しています。当サイト管理人も2か月半で運命の相手と出会いました。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

マリッシュ 再婚者やシンママも歓迎。幅広い層が利用
マリッシュのLP 【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】17,880円(税込)※女性は無料
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

ペアーズのように「いいね!」を送ってマッチング。マッチング型は若い人の利用が中心ですが、マリッシュは再婚を応援したり、「バツあり」優遇策を実施。そのため、幅広い年代層の利用者がいます。
また、初婚の方でも再婚希望者に理解のある方が多いです。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

楽天オーネット 相談所単体で最大の会員数を誇る老舗
楽天オーネットのLP 【種類】結婚相談所
【年間料金目安】294,624円(税込)
【ご利用エリア】全国
【年齢】20歳以上

 

1989年に誕生した老舗で、楽天グループが運営。会員数は45,000人以上で、結婚相談所単体として業界最大規模。
紹介書やイントロGなど、5つのスタイルでお相手と出会えます。同じアドバイザーが成婚まで一貫サポートします。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

エクシオ全都道府県で実施。業界最大級のパーティー
エクシオのLP 【種類】婚活・お見合いパーティー
【参加料金目安】女性:500〜15,000円 男性:4,000〜6,500円
【ご利用エリア】全国
【年齢】企画毎に異なる

 

全国47都道府県で、ほぼ毎日開催。年間約46万人が参加する、業界最大級の婚活パーティー。
企画の幅の広さもトップクラスで、あらゆるニーズを網羅している印象です。カップリング率は40%を維持しています。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

ペアーズ 圧倒的会員数の国内最大級サイト
ペアーズのLP 【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】17,760円(税込)※女性は無料
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

「いいね!」送信によるマッチングスタイルの元祖。2012年11月のサービス開始以来、またたく間に会員が増え、遂に累計570万人を突破しました。
シンプルな仕組みながら、フェイスブックアカウントを使った安全性の高いサイト。20代・30代の独身者から圧倒的な支持を得ています。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

82の婚活サービスから目的にあわせたおススメのサービスをご紹介