専業主婦を希望する女性のための婚活のポイントをご紹介

結婚して憧れの「専業主婦」になるための方法をご紹介

 

 

 

独立行政法人労働政策研究・研修機構が行った調査によると、かってはほぼ100%だった専業主婦世帯は1990年代に入り、共働き世帯に逆転。

 

2016年には僅か37%までに減少しています。

 

専業主婦世帯と共働き世帯(1980年〜2016年)

 

共働き世帯が増えた原因として女性の社会進出なども挙げられますが、一番の大きな理由は経済的な理由です。

 

バブルが弾け、生活水準を維持するために奥さんも働かざるを得ない状況になっているのです。

 

一方、TesTee(テスティー)が2015年に行った調査では、何と7割りもの女性が、「専業主婦になりたい」と回答しています。

 

もはや女性にとって、専業主婦は憧れのステータスになったといえます。

 

このページでは、これから婚活を考えている独身女性に向け、結婚して専業主婦になるための基礎知識と方法をご紹介していきます。

 

専業主婦希望の方は、是非チェックしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

1.専業主婦になれる男性の年収は?

 

専業主婦を目指すにあたり気になるのが、「お相手の年収がどの位あれば、共働きの必要がなくなるのか?」という点でしょう。

 

そこで、専業主婦が可能になる男性の年収レベルを算出してみました。

 

女性が稼ぐ年収分を合算してみる

女性が働かなくて済むためには、男性側が女性の分まで稼ぐ必要があります。

 

そこで、転職サイトのDODA(デューダ)が定期的に調査している男女別の平均年収を基に、年代別に男性がどれ位の額を稼ぐ必要があるのかを算出してみました。

 

年代別・男女別の平均年収とその合算値

年代 男性の平均年収 女性の平均年収 合算値
20代 365万円 322万円 687万円
30代 485万円 385万円 870万円
40代 619万円 438万円 1,057万円
50代 744万円 489万円 1,233万円

 

この表からわかることは、夫婦である程度の生活水準を維持するためには、最低700万円以上の年収が必要ということ。

 

極論を言えば、40代の男性と結婚をするのであれば年収1,000万円を稼いでいる人を探すことが、専業主婦になるための道筋といえます。

 

女性の分まで稼いでくれる男性は上位16%

それでは、専業主婦が許される額を稼いでいる男性は、どの位の割合で存在するものなのでしょうか?同じく、DODA(デューダ)のデータをお見せいたします。

 

男性の年収分布図(2016年・平均年収481万円)

 

この表からわかることは、年収700万円以上を稼ぐのは上位16%。さらに1000万円以上になると僅か4%しかいないということ。

 

もちろん、その中には既に結婚している人も多くいるわけで、対象となる属性の男性をゲットするのは超激戦となります。

2.共働きを望む男性の割合は?

 

今度はまた別の視点から見てみます。それは、「共働きを望む男性がどの位存在するか?」という点。

 

多少男性の年収が低かったとしても男性側が専業主婦になるのを許してくれれば、贅沢な生活とはいかないまでも専業主婦になれる可能性が出てきます。

 

この点については様々な企業が調査を行っているので、列挙してみましょう。

 

結婚相手に専業主婦を望まない独身男性は84%(マイナビニュース調査)

マイナビが2013年にマイナビニュース会員の独身男性200人に行った調査。

 

結婚後、妻に専業主婦になって欲しくないと回答したのは84%。経済的な問題や社会性を保つため、「家にこもるのは良くない」といっつたことなどが原因に挙げられています。

 

【Q】結婚したら妻に専業主婦になってほしいですか?

はい 16.0%
いいえ 84.0%

 

79.7%が共働きを希望(マッチアラーム調査)

婚活・恋活マッチングサービスのマッチアラームが、2014年に実施した調査(調査対象=独身男女2,823人)。

 

男性の79.7%が結婚後の共働きを望んでいます。また、年齢が高いほど、その傾向が強くなっています。

 

【Q】結婚後は共働きを希望しますか?

はい 79.7%
いいえ 20.3%

 

年代別割合

年代 共働きを希望 共働きを望まない 合計
20〜24歳 71.0% 29.0% 100%
25〜29歳 81.3% 18.7% 100%
30〜34歳 85.0% 15.0% 100%
35〜39歳 82.5% 17.5% 100%

 

「共働きを希望しない」は3.8%(IBJ調査)

結婚相談所IBJメンバーズなどを運営するIBJが2013年に実施(結婚相談所で婚活している独身男性316人)した調査。

 

結婚後の共働きを希望しない男性は、3.8%にとどまっています。

 

結婚相談所で婚活する男性の「共働き」に関する希望

希望する 37.8%
希望しない 3.8%
事情による 58.3%

 

 

これらの結果を総合的にみると、独身男性のおよそ8割が専業主婦を望んでいないことがわかります。

 

このような男性の意識を見てみても、専業主婦になるハードルは相当高いというのが現実です。

3.専業主婦になるには婚活サービスがおすすめ

 

それではこのような状況化において、どのようにすれば専業主婦が可能な結婚相手と巡り合えるのでしょうか?

 

専業主婦希望の独身女性におすすめな婚活方法はズバリ、婚活サービスを活用することです。

 

婚活サービスには大きく、「結婚相談所」「婚活サイト」「婚活パーティー」の3つの種類が存在します。それぞれの特徴を後ほど簡単にご説明しますが、ご予算や自分の適性にあわせて選ぶと良いでしょう。

 

さて、婚活サービスの利用をおすすめする理由として以下3点が挙げられます。

 

  • 高年収の男性と出会えるチャンスがある
  • 「専業主婦OK」のお相手と出会えるチャンスがある
  • 結婚の前に条件面の摺り合わせが出来る

 

まず前提として、婚活サービスは結婚したい独身者が集う場所。結婚したい者同士が集まることで、効率的に婚活をすすめることが出来ます。

 

その上で、婚活サービスを利用すると、条件を絞って相手を探すことが可能になります。その際に、「年収」「結婚後の仕事のスタンス」などの観点から絞り込めます。

 

さらには、結婚を決める前にお見合いや交際といった過程があります。

 

この過程の中で、結婚後のライフスタイルなどを話し合い、専業主婦になるかどうかの取り決めを行えるのです。

 

このように、「出来れば早めに結婚をして、専業主婦になりたい」という独身女性にとっては、最適なツールともいえるのが婚活サービスなのです。

4.専業主婦になるために必要な「自分磨き」

 

もちろん、婚活サービスを利用すれば必ず専業主婦になれるかというとそんなことはありません。

 

お伝えしたように、年収が高くて専業主婦を希望する男性の割合は非常に少ないのです。そのためライバルも多く、その中から自分を選んでもらわなければいけません。

 

自分の容姿がとびきり良く、相手も選び放題ということであればまた別の話ですが、そうでなければ自分の魅力を引き上げる「自分磨き」が必要になります。

 

また、結婚後の夫婦生活を円満にすすめるためにも、ひととおりの家事はマスターしておきましょう。ひととおりこなせれば大きなアピールになります。

 

専業主婦を目指す独身女性が、婚活時に磨いておくべきスキルやポイントを一覧にしてみました。

 

  • コミュニケーションスキル
  • 美しい姿勢を保ち、女性らしい立ち振る舞い
  • 相手への配慮・気配り
  • 美しい字
  • ファッションセンス
  • 好印象を与えるメイク
  • 料理
  • 家事全般(掃除・洗濯・裁縫など)

 

「では、一体どうやって身に付ければ良いの?」ということになりますが、一般的には本を読んだり、スクールに通うことになります。

 

但し、後述しますが婚活サービスの中には、女性向けに自分磨きのサポートを行ってくれる所もあります。

 

がっつりと自分の魅力をバージョンアップさせたいという方にとっても、婚活サービスはおすすめです。

 

スポンサーリンク

5.【年代別ポイント】20代・30代(アラサー)・アラフォー

 

ひとくちに「専業主婦希望」といっても年代によって、最適な方法は異なります。

 

もちろん、個々により事情は異なりますが、婚活市場において男性はお相手の年齢をシビアに評価するのが現実です。

 

中には辛く感じる点もあるかもしれませんが、現実を受け入れていかないと結婚自体が厳しくなってしまう恐れだってあります。

 

ここでは専業主婦を希望するそれぞれの年代の女性が取るべき、婚活手法をご紹介いたします。

 

20代の婚活方法

20代女性は婚活市場において、売り手市場です。よほどひどい容姿でなければ、年上男性からのアプローチは多いでしょう。

 

お相手の希望年齢の上限がある程度広ければ正直、理想の相手を見つけるのはさほど難しくはありません。

 

20代ということ自体がステータスであり、専業主婦になる見返りとして差し出せる対価となります。

 

男性は可愛い年下の女性を奥さんにして、自慢したいものなのです。

 

ポイントとしては、市場価値が下がらない20代のうちに結婚を決めてしまう事です。スピードが何よりも重要です。

 

30代の婚活方法

まず、30代前半と30代後半では市場価値が大きく変わってきます。それは、30代後半になると子供を産める確率が下がってきてしまうため。

 

そうなると、「専業主婦になって家庭を守る」という必要性が薄れてしまうわけです。

 

30代前半の方は、期限を決めて出来れば1年以内に結婚相手を見つける覚悟が必要です。

 

また、30代後半に入っている方は、将来の旦那さんを支えるためのスキルを身に付けておくことが求められます。

 

最低限、料理や掃除、洗濯は完璧に出来るようにしておきましょう。

 

よほど相手が年上の人でない限り年齢は武器にはならないので、「相手に対して自分は何が出来るか」を意識する必要があります。

 

40代の婚活方法

厳しい現実をお伝えしなければいけませんが、そもそも結婚自体が難しくなる年齢に入ってきています。

 

但し、三菱UFJR&Cの調査によると、婚活している40代女性の婚活成功率は23.5%。4人に1人が成功していることになり、頑張ればまだまだチャンスはあります。

 

子供を産むのが厳しい年代に入るため、対価として将来の旦那さんを支えるためのスキルの習得は必須です。

 

また、週3程度のパート勤務など、ある程度の妥協も検討しておくべきです。

 

それでも専業主婦に強いこだわりを持つのであれば、男性はいつまでたっても年下女性好きなのでより年齢の高い男性を狙うという方法もあります。

 

理想と現実を摺り合わせながら、妥協点を見つけていくことが大切です。

 

 

各年代で共通する点としては、早めに結婚に向けて動いた方が良いということ。

 

これは日本の男性の良くない点かと思いますが、とにかく若い女性を好む傾向が強いのです。若ければ若いほど婚活市場において強みとなるというのが現実です。

 

婚活中は大変なこともあるかと思いますが、有利な条件での結婚を望むのであれば、早期成婚を前提に動くようにしましょう。

 

次からはそれぞれの形態の婚活サービスにおける、おすすめの会社をそれぞれ紹介いたします。

6.専業主婦希望におすすめの結婚相談所ベスト3

結婚相談所は、入会後担当スタッフが付き成婚(結婚が決まる事)までずっとサポートをしてくれる点が強みです。

 

システム上も成婚までの流れが確立しています。今まで恋愛経験が乏しく、第三者のアドバイスをもらいながら婚活をしたい人におすすめです。

 

おすすめの結婚相談所として、以下の点を考慮して選出しています。

 

  • 高年収の男性会員が多い
  • 自分磨きが出来る環境がある
  • 結果を重視している

 

【年間料金目安】289,000〜325,000円(税別)
【ご利用エリア】関東・関西
【年齢】男性25歳以上 女性20歳以上

 

慶應大学など国公私立大のOBによる交流会が原点。男性は入会条件が厳しく、少数精鋭制。男性の65%が年収700万円以上、23%が1000万円以上です。「総合マリッジプロデュース」として、外見と内面を磨くサポートも実施。

 


【年間料金目安】144,000〜312,000円(税別)※返金保証制度あり
【ご利用エリア】首都圏
【年齢】規定なし

 

入会者の78.9%が1年以内に成婚。1年以内の結婚を目指し、返金保証制度も装備。各分野のプロアドバイザー達がチームでサポートし、外見・内面の魅力をアップする支援も行います。男性会員のうち20%が年収800万円以上。

 


【年間料金目安】317,000円(税別) ※返金保証制度あり
【ご利用エリア】北海道・首都圏・中部・関西・福岡
【年齢】男性26〜54歳 女性26〜44歳

 

「1年以内の成婚」を目指し、独自の「成婚KPI」を確立。過去9年分の膨大なデータから、最適な婚活プランを導き出します。ある調査会社によると成婚率は業界第1位の結果に。「出会い保証制度」という返金制度もあります。

 


7.専業主婦希望におすすめの婚活サイトベスト3

婚活サイトとは、インターネット上で婚活を行う事が出来るサービス。

 

一般的な流れとしては、検索を使って希望条件でお相手を絞込み。良い相手がいたら「いいね!」を送信して好意を伝えます。

 

相手がOKならばマッチングが成立。メッセージ交換が可能になるという仕組みです。

 

リーズナブルに利用出来るのが強み。反面、サポートが付かないので自助努力が必要となります。

 

おすすめの婚活サイトとして、以下の点を考慮して選出しています。

 

  • 「年収」や「結婚後の役割分担」についての条件検索が出来る
  • 自分磨きが出来るサポートが付いている
  • 高年収の男性会員がいる

 

【年間料金最安値】31,104円(税込)
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

結婚式場・結婚式の総合サービス「ゼクシィ」が手掛ける婚活サイト。
検索でお相手探しを行う際に、年収の他に「結婚後の仕事について」の項目があり、「専業主婦」での絞り込みが出来ます。

 


【年間料金目安】151,400円(税込)
【ご利用エリア】関東・関西・東海
【年齢】男性20歳以上65歳以下、女性20歳以上55歳以下

 

転職サイトのエン・ジャパンが運営。「オンライン結婚相談所」という全く新しいコンセプトで、安価で結婚相談所と同質のサービスを受けられます。自分磨きが出来る動画コンテンツを50本用意。都合の良い時間に学べます。

 


【年間料金最安値】女性5,000円〜(税別)
【ご利用エリア】関東・関西・東海の会員が中心
【年齢】男性26歳〜45歳 女性20歳〜35歳

 

男性には経営者や弁護士等の職業、もしくは年収700万年以上という入会資格があるハイステイタス向けサービス。但し、女性にも年齢制限と写真審査が必要となります。入会後は、毎月5人のお相手候補がメールで届きます。

 


8.専業主婦希望におすすめの婚活パーティーベスト3

最初からお相手候補とお会いして、見極めが出来るのが婚活パーティーのメリットです。

 

「プロフィールに記載してある条件面だけでは、人柄がわからない」という方や人とお話するのが好きな人は、好んで婚活パーティーを選択します。

 

各婚活パーティーサービスは様々なパーティー企画を設定しており、「ハイスタイタス男性」企画への参加がおすすめです。

 

おすすめの婚活パーティーとして、以下の点を考慮して選出しています。

 

  • 専業主婦希望者に相応しい企画のパーティーを提供している
  • 高年収男性が参加するパーティー企画がある
  • 参加人数が多く、たくさんの人と出会える

 

【参加料金目安】女性:500〜15,000円
【ご利用エリア】全国
【年齢】企画毎に異なる

 

全国47都道府県で、ほぼ毎日開催。業界最大級の規模で年間約46万人が参加します。企画の幅もトップクラスで、注目は「専業主婦希望女性が集まるお見合いパーティー」。カップリング率は40%を維持しています。

 


【参加料金目安】女性:1,000〜6,500円
【ご利用エリア】全国主要都市
【年齢】企画毎に異なる

 

2000年に札幌で誕生。年々エリアを拡大し、年間動員数は23万人を突破。平均カップリング率は45%以上。「年収1000万OVER」に限定したハイステータス男性が参加する企画があります。

 


【参加料金目安】女性:2,000〜4,000円
【ご利用エリア】札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・京都・兵庫・福岡
【年齢】企画毎に異なる

 

ハイステイタス男性のみが参加するプレミアムパーティー。男性は参加資格に職業の縛りがあります。立食形式で進行もフリー。「自然な出会い」を演出するため、カップリングも行っていません。

 


9.まとめ

お伝えしたように、今の日本の経済状況において専業主婦になれるハードルはかなり高いのが現状です。

 

男性側も結婚することで一人分の生活費を出費することになるので、女性側も「専業主婦として、将来の旦那さんに何が出来るのか?」を考えてあげなければいけません。

 

また、条件にこだわり過ぎていると婚期を逃す可能性もあるので、どこまでが妥協できる線かという点も予め想定しておくと良いでしょう。

 

常に相手の立場に立って婚活をすることが、条件に見合う男性が振り向いてくれるための前提といえます。

 

よく読まれている人気ページ

 

お金持ちとの結婚におすすめの婚活サービスランキング

→玉の輿を狙う女性におすすめの婚活サービスを紹介しています。

 

女性が無料で使える優良婚活サイトを徹底比較!

→女性が最後まで無料会員のまま利用出来る婚活サイトを紹介しています。

 

都道府県別おすすめ結婚相談所リスト

→住んでいるエリアでおすすめの優良結婚相談所を紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

 

【毎月1日更新】先月の利用者数総合ランキング

ユーブライド当サイト管理人が成婚!+1ヵ月分無料キャンペーン中
【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】27,840円(税込)※無料会員のまま成婚も可
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

1999年開始の老舗で累計会員数は110万人を突破。東証一部上場企業ミクシィのグループ会社が運営。
新規会員ほど出会いの機会が優遇される仕組み。成婚者の約6割が3ヶ月以内に退会しています。当サイト管理人も2か月半で運命の相手と出会いました。




マリッシュ再婚者やシンママも歓迎。幅広い層が利用
【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】17,880円(税込)※女性は無料
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

ペアーズのように「いいね!」を送ってマッチング。マッチング型は若い人の利用が中心ですが、マリッシュは再婚を応援したり、「バツあり」優遇策を実施。そのため、幅広い年代層の利用者がいます。
また、初婚の方でも再婚希望者に理解のある方が多いです。




楽天オーネット相談所単体で最大の会員数を誇る老舗
【種類】結婚相談所
【年間料金目安】294,624円(税込)
【ご利用エリア】全国
【年齢】20歳以上

 

1989年に誕生した老舗で、楽天グループが運営。会員数は45,000人以上で、結婚相談所単体として業界最大規模。
紹介書やイントロGなど、5つのスタイルでお相手と出会えます。同じアドバイザーが成婚まで一貫サポートします。




パーティーパーティーIBJが手掛ける婚活パーティー
【種類】婚活・お見合いパーティー
【参加料金目安】女性:1,500〜8,400円 男性:4,500〜10,300円
【ご利用エリア】東北・関東・甲信越・東海・関西・中国・九州
【年齢】企画毎に異なる

 

国内最大の結婚相談所ネットワークを持つ、東証一部上場企業のIBJが運営。クオリティの高いパーティー運営を目指し、月間参加者4,500人以上・平均カップリング率45%の実績。
3つの割引制度に加え、業界初となる「全額返金保証」が評判です。




ペアーズ圧倒的会員数の国内最大級サイト
【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】17,760円(税込)※女性は無料
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

「いいね!」送信によるマッチングスタイルの元祖。2012年11月のサービス開始以来、またたく間に会員が増え、遂に累計570万人を突破しました。
シンプルな仕組みながら、フェイスブックアカウントを使った安全性の高いサイト。20代・30代の独身者から圧倒的な支持を得ています。




82の婚活サービスから目的にあわせたおススメのサービスをご紹介