婚活サイト、ウィズの評判・口コミや攻略法を紹介

評判や口コミ、攻略法などウィズ(with)の全てを解説

1.ウィズ3つの特徴と基本情報

ウィズは株式会社イグニスが運営する恋愛婚活マッチングサイト。スマホのブラウザやアプリからも利用できます。

 

2016年3月に開始した、比較的新しいサービスです。

 

メンタリストDaiGo監修の恋活・婚活マッチングサービス

 

ウィズはペアーズのように気になるお相手に「いいね!」を送信してマッチングする、現在主流となりつつあるスタイルのサービスです。

 

多くのマッチングサービスがある中、ウィズの最大の特徴は、メンタリストとして活躍しているDaiGoさんが監修していること。

 

DaiGoさんが手掛けているコンテンツとして、例えば次のようなものがあります。

 

  • 定期的に開催される「相性診断イベント」
  • 動画コンテンツ「DaiGoが伝授!5つの観察力」

 

相性診断はマッチング率が3倍になる人気企画。3つの質問に回答することで、相性の良い相手を紹介してくれます。

 

私もやってみましたが、出てくる質問が「性格診断」そのもので興味深かったです。

 

診断後は相性の良い相手が一覧で紹介され、その相手には無料で「いいね」を送ることができました。

 

心理学と統計学を組み合わせ、精度の高いマッチングを実現させる点が、ウィズの強みとなっています。

 

「好みカード」で同じ趣味・嗜好のお相手を探せる

ウィズでお相手を探すには、検索機能の他、「好みカード」を使って同じ趣味・嗜好の人を見つける事もできます。

 

好みカードは、ペアーズにおけるコミュニティと同じ役割を持ちます。

 

趣味や「○○が好き」といったタイトルのカードが多数存在し、自分が好きなカードを選択して登録。すると、同じカードを登録している異性のお相手と出会えるという仕組みです。

 

「唐辛子が好き」「さらば青春の光が好き」など、スーパーニッチなカードも多数存在。自分でカードを作ることもできます。

 

同じ価値観を持っている方や、同じ趣味の方と出会えるので、マッチング率も高め。

 

「お付き合いや結婚の後、共通の趣味を一緒に楽しみたい!」という方には特に重宝したい機能です。

 

「好みカード」のカテゴリー一覧

グルメ お酒 音楽 アニメ・マンガ 映画 旅行
スポーツ 芸能人・テレビ 恋愛・結婚 ファッション 生活 ゲーム
スポット 仕事 動物 車・バイク アート
趣味嗜好 心理 カルチャー      

 

安心・安全のためのセキュリティ対策を徹底

運営している株式会社イグニスは、東証マザーズの上場企業であり、コンプライアンスの観点からもセキュリティ対策を徹底しています。

 

業者や詐欺などの悪質なユーザーを排除するために行っている、3つの施策を紹介いたします。

 

登録にはFacebookアカウントが必須

ウィズに登録できるのは、友達が10人以上いるフェイスブックアカウントを持っている人のみ。

 

リアルな友達とつながっているアカウントのみに利用を限定することで、悪質業者の登録を未然に防ぐ効果があります。

 

実名非公開。ウォールに投稿されず、Facebook友達には知られない

ウィズ上では、フェイスブックに登録してある実名ではなく、自分で設定したニックネームで表示されます。

 

また、ウィズでの利用履歴はフェイスブックのタイムラインには表示されません。フェイスブック上でつながっている知り合いとは、ウィズでは出会えない仕組みにもなっています。

 

24時間・365日の監視・サポート体制

24時間監視で悪質ユーザーを見つけ出し、迅速に排除するための体制を構築しています。

 

また、ユーザーからの通報システムも装備。

 

「他サイトへの勧誘」「脅してくる」「金銭を求めてくる」といった利用規約違反が確認されるユーザーからの通報があった場合、すぐに実態調査に移れるようにしています。

 

マッチングシステムは気軽に出会える反面、やはり不安もあります。

 

そんな不安を払拭してくれるための対策をしっかりと行っている点は、とても安心ですね。

 

ウィズの30秒CMを見る

 

ウィズの基本情報

運営会社 株式会社イグニス
写真閲覧方法 登録後に閲覧可
出会いの方法 「いいね!」ボタンからメッセージ交換に繋げる
年間イベント回数 なし
紹介人数 制約なし
入会資格(男女共通) 18才以上(高校生は除く)で独身(現在離婚している方も含む)

 

ウィズ(with)の公式サイトを見る

2.【使い方】登録から会うまでの流れ

婚活サービスでお見合い

 

ウィズに登録してから、出会うまでの流れをご紹介いたします。登録すると、一つ一つのステップをナビゲーションしてくれるので、わかりやすいですよ。

 

【ステップ1】プロフィールの設定
ウィズにアクセスして、会員登録。

 

マイページの「プロフィール編集」から「自己紹介文」「基本プロフ」「詳細プロフ」を入力していきます。写真提出まで完了すれば10ポイント(1,000円分)がもらえます。

↓↓

【ステップ2】相手探し
相手と出会う方法は複数存在します。使えば使うほど、多くの人と出会えます。

 

  • 検索。条件項目から相手を絞り込むことができます
  • 好みカード。共通の趣味や価値観の相手を見つけられます
  • 定期的に実施される「相性診断」イベント
  • 相手からの「足あと」

↓↓

【ステップ3】「いいね!」「ありがとう!」ボタンを押す
気になる相手がいたら、「いいね!」ボタンを押して好意を届けます。相手が「ありがとう!」と返してくれたら、マッチング成立です。

 

一方、相手から届いた「いいね!」に対しては、「ありがとう!」ボタンを押すことでマッチング成立となります。

↓↓

【ステップ4】マッチング成立・メール交換
ここから先は特にルールはありません。コミュニケーションを深め、連絡先交換や実際の出会いへとつなげていきます。

 

結婚に向けて頑張っていきましょう。

3.会員数と年齢層・年収など

婚活サービスを調査

 

2016年3月に開始したウィズですが、実際にどの位の会員が利用しているのか気になる所です。

 

運営している、株式会社イグニスのコーポレートサイトによると、アプリの売上ランキングは上位安定。ペアーズオミアイに次ぐ、3番手につけているとのこと。

 

 

順調に会員が増えていることが伺えます。

 

ウィズは会員数やユーザー属性を公式に発表していないのですが、会員向け検索機能を利用してリサーチしてみました(2017年9月20日調査)。

 

会員数と割合

男女比6:4は、婚活サイトの一般的な比率。ペアーズほど会員が多くないので、狙い目です。

  男性 女性 合計
会員数 278,770人 162,586人 441,356人
割合 63.2% 36.8% 100%

 

男女別年齢構成比

男女とも20代がボリュームゾーンになっています。

年齢 男性件数 男性割合 女性件数 女性割合
10代 8,102人 2.9% 4,994人 3.1%
20〜24歳 90,564人 32.2% 50,791人 31.3%
25〜29歳 81,640人 29.0% 52,379人 32.2%
30〜34歳 39,840人 14.2% 27,103人 16.7%
35〜39歳 23,935人 8.5% 15,026人 9.3%
40〜44歳 19,905人 7.1% 6,528人 4.0%
45〜49歳 12,650人 4.5% 4,763人 2.9%
50歳以上 4,491人 1.6% 851人 0.5%
合計 281,127人 100% 162,435人 100%

 

男女別年収構成比

年収は自己申告ですが、男性の1000万以上もそれなりに存在します。

年収 男性件数 男性割合 女性件数 女性割合
200万未満 137,252人 49.3% 143,566人 88.3%
200〜400万 68,419人 24.6% 14,490人 8.9%
400〜600万 49,678人 17.8% 3,879人 2.4%
600〜800万 14,324人 5.1% 481人 0.3%
800〜1000万 4,923人 1.7% 85人 0.05%
1000〜1500万 2,655人 1.0% 52人 0.03%
1500〜2000万 693人 0.2% 8人 0.004%
2000万〜 572人 0.2% 5人 0.003%
合計 278,516人 100% 162,566人 100%

 

男女別エリア構成比

男女共、会員の半分近くが、関東在住者となっています。

エリア 男性件数 男性割合 女性件数 女性割合
北海道・東北 21,338人 8.7% 10,083人 7.5%
関東 110,619人 44.9% 61,498人 45.8%
信越・北陸 10,324人 4.2% 4,378人 3.3%
東海 28,122人 11.4% 13,059人 9.7%
近畿 38,983人 15.8% 24,889人 18.5%
中国 11,089人 4.5% 5,409人 4.0%
四国 4,668人 1.9% 2,324人 1.7%
九州・沖縄 20,422人 8.3% 12,040人 9.0%
海外 819人 0.3% 527人 0.4%
合計 24,6374人 100% 134,207人 100%

 

全体的に、比較的都心部在住の若い層の利用者が中心ということがいえます。

 

ウィズ(with)の公式サイトを見る

4.無料会員と有料会員でできること

結婚前提のカップル

 

ウィズは無料でも利用が可能ですが、男性の場合は有料会員にならないと女性と会う事はできません。

 

一方、女性の場合は無料会員のままでも男性と会う事が可能です。

 

男性無料会員ができること

  • 自己紹介・顔写真・プロフィールを設定
  • 検索機能で条件を付けて好みの異性を探す
  • 「好みカード」で共通の趣味・価値観の相手を探す
  • 毎月30回分の「いいね!」が付与される(保有上限は50回)
  • 「いいね!」の送受信でマッチング
  • マッチングが成立した相手に1通目のメッセージを送信

 

男性の無料会員ができるのは、マッチング成立した相手に1通目のメッセージを送るところまで。

 

相手からのメッセージの閲覧、2通目のメッセージ送信は、有料会員になる必要があります。

 

男性有料会員ができること

  • メッセージの送信・閲覧が無制限
  • 相手がもらっている「いいね数」が確認できる

 

相手の「いいね数」がわかるのは、とても便利。

 

女性の中には1,000以上もの「いいね!」をもらっている人もいて、ライバルの多さからマッチングは至難の技。

 

相手の「いいね数」が見えていると、「いいね!」の無駄打ちを減らすことができます。

 

比較的ライバルが少なく、マッチングの可能性が高い人へ効率よくアプローチができるというわけです。

 

「無料会員」と「有料会員」の比較表
項目 無料会員 有料会員
届いたメッセージの開封 ×
メッセージの送信 1通まで 無制限
相手がもらっている「いいね!」数の確認 ×

 

ウィズ(with)の公式サイトを見る

5.料金体系とキャンペーンについて

 

男性有料会員の料金について

月額課金型の料金体系となっています。契約期間に応じて4つのプランがあり、契約期間が長いほど1カ月あたりの単価は下がります。

 

クレジットカード以外に、iPhoneアプリ内課金、Androidアプリ内課金も可能ですが、クレジットカードの方がアプリ内課金より平均で600円ほど安いのでおすすめです。

 

クレジットカード支払いの料金表(税込)

プラン 料金 1か月あたりの料金
1ヶ月プラン 2,800円 2,800円
3ヶ月プラン 7,800円 2,600円
6ヶ月プラン 13,800円 2,300円
12ヶ月プラン 21,600円 1,800円

 

男性会員VIP専用プランについて

男性有料会員になると、さらにワンランク上の「VIP専用プラン」にも入れるようになります。

 

VIP専用プランは、ウィズでの婚活を有利にすすめられるサービス。特別の機能を使えたり、優遇措置を受けられます。当然、男性のみの特権です。

 

  • 1か月に「いいね!」を送れる数が「30」から「50」に増える
  • 検索機能がバージョンアップし、「フリーワード」などで検索出来る
  • 相手の検索結果の上位に表示され、目立つようになる
  • 自分のプロフィールに訪れた「足あと」の履歴がずっと残る
  • 自分が送ったメッセージを相手が読んだかどうかを確認出来る(「既読」になる)

 

VIP専用プランを利用する場合、毎月2,800円(税込)の追加料金が必要になります。ライバルより一歩抜け出し、一気に成果を出したい時に効果があります。

 

「ウィズポイント」について

他にも「ウィズポイント」があり、こちらは男女両方が利用できます。ポイントを購入することで、以下2つのことが行えます。

 

  • 1ポイントで「いいね!」を一つ送れる
  • 3〜5ポイントで「チェックしてね!」のアピールが1回出来る

 

当月分に付与された「いいね!」を全て使い切ってしまい、さらに相手に「いいね!」を届けたい場合に使用するとよいですね。

 

ウィズポイントの料金表(税込)

購入の際はまとめて買うと、1ポイントあたりの単価が安くなります。

 

  料金 1ポイントあたりの料金
10ポイント 1,000円 100円
21ポイント 2,000円 95.2円
33ポイント 3,000円 90.9円
55ポイント 4,800円 87.3円
80ポイント 6,800円 85円
120ポイント 9,800円 81.7円

 

キャンペーンについて

ウィズは定期的に男性向けにキャンペーンを実施しています。キャンペーンのタイミングにあわせて有料会員になるという方法もあります。

 

ちなみに2017年9月時点では、「有料会員になると、最大で21,600円相当のポイントを還元する」という内容のキャンペーンを実施していました。

 

 

ウィズ(with)の公式サイトを見る

6.ウィズの評判・感想・体験談の口コミ

口コミや評判

 

良い評判

競合が少ないので今狙い目のアプリ。写真も掲載されている子が多い。

 

サクラはいるかどうか分からないけど、結構出会えています笑
(20代後半)※一般サイトより

20代女子です。他のサイトと比べると男性からのいいねが少ないから一人一人ゆっくり吟味できます。

 

他のサイトだったら嫌になっちゃうくらいいいねが来るから一人ずつなんて見ていられないですからね!
※一般サイトより

今までティンダーを使っていましたがなかなか出会えず、ウィズに移動してきました。

 

利用してから1カ月ほど経ちましたが、5人とデートしました。ちゃんと計算はしていませんが、マッチング率は3割程度でしょうか。

 

私は30代前半ですが、20代の人も割と多く気軽です。

 

しかし、婚活よりかは恋活要素の方が強いイメージ。恋愛目的の人が多いです。

 

そのため、マッチング後のやりとりでは婚活か恋活かを聞くようにしています。まだ結婚のことは考えていないという方もいます。

 

そのため、婚活目的で利用している人と積極的に会うようにしています。

 

自分の使い方次第だといえますね。
※一般サイトより





イマイチな評判

1.出会い系に近いアプリ

 

2.ライン交換は急がない方がいいですよ。めんどくさいことになります。

 

3.あなたには合わないのではないでしょうか。
ヤフー知恵袋より

マッチングした人の中に、とてもしつこくメッセージをする人がいてちょっと怖かった。マッチングする前に見抜くことができれば良かったのですが・・・。

 

返信していないのに連続でメッセージが来たり、しつこく連絡先を聞かれたり、無理やり会う日を決められそうになったり。

 

最終的には、ブロックしました。連絡先を教えてしまっていたらと思うと、恐怖です。

 

それ以外の方は全く問題なかったのですが。ネットの出会いなので、少し注意が必要です。
※一般サイトより

 

ウィズ(with)の公式サイトを見る

7.「いいね!」の男女別平均数と増やす方法

 

ウィズなどのマッチングサイト・アプリを使っていて気になるのは、「同性のライバルはどの位の数のいいね!をもらっているのか?」という点ではないでしょうか?

 

そこで、目安とするべく、「いいね!」をもらっている数を調べてみました。

 

関東圏内の女性会員の「いいね!」の数

いいね数をA〜Eの5つのレベルに分類しています。トップ中のトップは3,000以上のいいねをもらっている人も。

 

このレベルになってくると、誰を選べば良いのか迷ってしまうでしょうね。

 

レベル 「いいね!」の数
A 2,000〜
B 1,200〜
C 500〜
D 200〜
E 100〜

 

地方の女性会員や男性会員の目安

他の属性の方の「いいね!」数目安にしては、以下を参考にしてください。ウィズによると、女性が男性に「いいね!」を送る率は男性の10分の1とのことです。

 

  • 関東以外の女性は、×0.5の数が目安
  • 男性会員は、×0.1の数が目安

 

「いいね!」数を多くもらうためのポイント

当ページの「攻略法」についての記事とかぶる箇所もありますが、相手からの「いいね!」を増やすためのポイントをまとめてみました。

 

様々な対策法があるので、満足する結果となるまで、いろいろチャレンジしてみましょう。

 

  • 掲載写真を「奇跡の1枚」に変えてみる
  • 「好みカード」にどんどん登録する
  • 足あとを巡回する
  • プロフィールを充実させる
  • 1日に1回はログインする

 

ウィズ(with)の公式サイトを見る

8.ウィズ攻略5つのポイント

婚活サイトを利用する独身女性

 

ウィズを利用してお相手を見つけるためのポイントをまとめています。参考にして、運命のお相手を是非見つけてください。

 

プロフィールの入力率を100%にする

 

ウィズのリサーチによると、プロフィール入力を行うとマッチング率は498%アップしたとのこと。

 

さらに自己紹介文も書くと、マッチング率は2.5倍になります。

 

プロフィールを入力すると、相手の検索結果に引っかかりやすくなるためで、自分のプロフィールを見てくれる人の増加につながります。

 

自然な笑顔の写真を掲載する

結婚相談所とウィズのようなマッチングサービスにおいて、求められるプロフィール写真は異なります。

 

結婚相談所の場合は、「お見合い写真」のようなフォーマルな写真が基本。一流の写真屋で撮る方が多いです。

 

対して、マッチングサービスにおいてはそのようなクオリティは求められていません。

 

より自然な姿が求められており、友達が撮影した普段のナチュラルな笑顔が好まれます(お見合い写真では完全に浮きます)。

 

ベストな写真を撮るのであれば、友達と一緒にお出掛けして、最高の1枚を撮ってもらいましょう。

 

サブ写真を設定する

 

マッチングサービスを利用する人の中には、不安を感じながら使っている人も少なくありません。特に女性はその傾向が強いです。

 

サブ写真を多く掲載することは、自分についての様々な情報を伝えることにつながり、相手の不安をやわらげることになります。

 

ウィズでは関連するデータはありませんでしたが、ペアーズでは、掲載枚数が0枚と3枚ではマッチング率に3倍の差があることが判明しています。

 

サブ写真もあわせて3枚は掲載するようにしましょう。

 

足あとを残してから「いいね!」を付ける

 

ウィズのリサーチによると、足あとを残してから「いいね!」を押すと、足あとを残さない(相手のプロフィールを見ない)で「いいね!」をするよりマッチング率が380%もアップするとのことです。

 

これは、相手の立場に立って考えるとわかります。自分のことをよく見ていない人から「いいね!」が届くというのは、「異性だったら誰でも良いのか?」と勘繰られてしまうのです。

 

足あとがついているということは、「あなたの事をよく理解しましたよ」というアピールにつながるというわけです。

 

「好みカード」に積極的に登録してみる

 

好みカードに登録すると、登録したメンバー一覧に自分のプロフィールが掲載されます。

 

好みカードからお相手探しをする人も多いので、当然その分出会いのチャンスは増えるというわけです。

 

目安として、20くらいは好みカードに登録するようにしましょう。

 

 

前提として、ウィズで結婚相手を見つけたいのであれば、毎日ログインしてとにかく使い倒していくことです。

 

アクティブになればなるほど出会いのチャンスが増えるのが、マッチングサービスの良いところ。

 

男性の場合でも定額制なので、メッセージの送信数を気にする必要もありません。

 

婚活中は覚悟を決めて、とことんウィズを利用してみてください。

 

ウィズ(with)の公式サイトを見る

9.サクラ・既婚者・ヤリ目などの危険人物について

 

ウィズのようなマッチングサイト・アプリを利用する際、不安要素となるのがサクラや既婚者、ヤリ目(体目的の人)に遭遇してしまうことです。

 

中には、結婚詐欺被害に会う方もいるので注意しておくべきです。これらの要注意人物に関し、ウィズでの実態についてご紹介いたします。

 

サクラの存在について

婚活サイトにおけるサクラは、「運営会社が用意したサクラ」「業者が用意したサクラ」の2種類が存在します。

 

運営会社が用意したサクラというのは、ポイント課金型の料金体系を採用している悪質サイトでよくあるケースです。

 

基本的には美男美女のサクラであり、思わせぶりなメッセージを送ってポイントをどんどん消費させる。

 

ポイント課金型の場合、メッセージを送るたびにポイントが消費するので、都度ポイントを購入しなければいけません。

 

そして、さんざんポイントを購入した後、いざ会おうという段階になったら、相手のプロフィールが消滅していたというのが典型的なパターンです。

 

しかしながら、ウィズにおいては運営会社がサクラを用意することは決してありません。

 

月額課金型ですので、そもそもサクラを使うメリットがありません。さらには東証マザーズの上場会社ですので、コンプライアンスの観点から、不正行為を行うことは、リスクでしかないのです。

 

一方、業者が用意したサクラについては注意をするべきでしょう。

 

業者のサクラの目的は一つ。業者が運営している、悪質なポイント課金型の出会い系サイトへ誘導することです。

 

最初にLINEのIDを教えてLINEでやりとり。その後、ポイント課金型のサイトを案内するというのが典型的なパターン。当然、ポイントの大量購入をもくろんでいます。

 

ウィズの場合、フェイスブックアカウント登録を義務付けたり、24時間365日の監視でほぼ業者のサクラをシャットアウトしています。

 

しかし、監視の目をすり抜ける可能性もゼロではないので、注意をするべきです。

 

ウィズによると、業者のサクラの特徴として、以下の点を挙げています。

 

  • 簡素な初回メッセージを積極的に送ってくる
  • なにかと理由を付けて早く連絡先を交換しようとしてくる
  • こちらから送ったメッセージの文脈に関係のないメッセージを送ってくる

 

たいてい男性はイケメンで高スペック、女性はアイドル並みに可愛いといった特徴があるので、騙されないようにしましょう。

 

既婚者の存在について

マッチングサービス・アプリにおけるシステム上の弱点の一つが、既婚者の人でも利用できてしまうという点です。

 

提出書類が必須となるのは、保健所やパスポートなどの本人確認書類のみ。独身証明書の提出は必須ではありません。

 

また、フェイスブックのアカウントでステータスが既婚者の場合は、登録できない仕組みになっていますが、フェイスブック上で設定は簡単に変更できてしまいます。

 

もちろん、既婚者ということがバレてウィズに通報された場合は、強制退会処分になります。しかし、強制退会前に出会ってしまうリスクもあるわけです。

 

自主防衛を行い、独身者であるという確証を得る前に、お付き合いをするべきではありません。

 

見分ける方法の一つとしては、相手のフェイスブックアカウントのタイムラインをチェックすること。また、一番良いのはお付き合いをする前に独身証明書を見せてもらうことでしょうね。

 

それでも心配な方は、任意で独身証明書を提出できる婚活サイトも存在するので、その婚活サイトを利用してみるという方法もあります。

 

「証明済マーク」が出る主な婚活サイト

サービス名 証明できる項目
ユーブライド 独身証明・収入証明・学歴証明・資格証明
マッチドットコム 独身証明・住所証明・勤務先証明・収入証明・卒業証明
エキサイト婚活 独身証明・収入証明・勤務先証明・住所証明・学歴証明
エン婚活 独身証明・収入証明・学歴証明
ゼクシィ縁結び 収入証明・卒業証明

 

ヤリ目の存在について

ヤリ目を見分けるのはさらにやっかいです。独身者の中にも遊び目的で登録している人は存在しているわけです。

 

こちらも自主防衛をするしかありません。そして、怪しいと感じる相手でしたら運営会社に通報してしまっても良いでしょう。

 

ヤリ目に共通する行動パターンを記載しましたので参考にしてください。

 

  • すぐに会いたがる
  • すぐにラインに移行させたがる
  • やたらと褒めてくる
  • 夜に会いたがり、お酒をすすめてくる
  • 付き合う前に体の相性を要求してくる
  • 下ネタが多い、実際に会うとやたら体を触ってくる

 

もちろん、ここで紹介した危険人物の存在はごくわずか。多くの人は真面目な出会いを求めて利用しています。

 

少しでもおかしいと感じたら、安心できる確証を得るまで安易な行動に出ないことが鉄則です。

 

【参考記事】婚活サイト・マッチングアプリで起こるトラブルと対処法

 

10.退会(解約)・休会・再登録の方法について

休会の方法について

 

ウィズでの婚活を少しお休みしたい時は、退会ではなく休会を行いましょう。ウィズには、「休憩モード」というステータスがあり、お休み中はプロフィールが非表示になります。

 

ただし、有料プランは休憩モード中も有効になっているので、有料プランの期間が終了してからお休みした方がお金の無駄にはなりません。

 

休憩モードは、マイページの「設定」がら手続きができます。

 

退会(解約)の方法について

ウィズで良い出会いを見つけたら、相手への誠意として退会を検討しましょう。

 

退会はマイページにある「ヘルプ&お問い合わせ」に、「解約・退会について」という項目があるのでここから手続きを行います。

 

ただし、退会時は以下の点に注意してください。

 

  • これまでのデータが全て削除される
  • 退会後は一定期間再入会ができない
  • 再登録後、以前のデータは引き継げない

 

再登録の方法について

お伝えしたように、ウィズ退会後は一定期間再登録することが不可能です。

 

少なくとも1カ月以上はかかるようです。

 

それまでは待つしかありません。そこまで待てないという方がいたら、他の婚活サイトを活用することも検討しましょう。

 

【参考記事】先月の婚活サイト・マッチングサービス利用者数ランキング

 

11.まとめ(ウィズの評価)

近年は様々なマッチングサービスが誕生していますが、ウィズはその中でもペアーズやOmiaiに続く人気があります。

 

やはり、メンタリストのDaiGoさんが監修しているという要素は大きい。特に20代の若い女性に評判です。

 

ペアーズほどの規模になってしまうと、ライバルも非常に多くなりなかなか理想の相手とマッチングしないという声もよく聞きます。

 

その点、ウィズはペアーズほどの会員数には達していない今が狙い目ともいえます。

 

ウィズによると、「女性の3分の2はまだメッセージをもらえていない」とのことで、男性からすると他の婚活サービスでは出会えないレベルの美人と出会える可能性があります。

 

公式サイトへのボタン

 

こちらもおすすめ

ユーブライド

ミクシィグループが運営する、1999年開始の老舗婚活サイト。当サイトスタッフはここでお相手を見つけました。成婚退会の6割が3か月内に結婚相手を見つけています。

 

ペアーズ

マッチングサービスの最大手。累計会員数は570万人を突破しました。検索機能のアルゴリズムも発達しており、マッチングしやすい相手が表示されるようになっています。

 

エン婚活

「オンライン結婚相談所」という新しい基軸を打ち出した婚活サイト。専任コンシュルジュが就き、相談所と同じ質のサービスを受けられます。料金は相談所の10分の1。

 

よく読まれる人気記事

 

先月の婚活サイト・アプリ申込みランキング

→当サイトで人気の婚活サイトをランキング形式で紹介しています。

 

婚活サービス目的別おすすめランキング一覧

→年代や結婚希望相手の職業など、目的に合わせておすすめの婚活サービスを紹介しています。

 

婚活サイト・アプリのメリット・デメリット

→婚活サイトやアプリの利点とデメリットを他の種類のサービスと比較して解説します。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【毎月1日更新】先月の利用者数総合ランキング

ユーブライド 当サイト管理人が成婚!+31日間無料キャンペーン
ユーブライドのLP 【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】27,840円(税込)※無料会員のまま成婚も可
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

1999年開始の老舗で累計会員数は110万人を突破。東証一部上場企業ミクシィのグループ会社が運営。
新規会員ほど出会いの機会が優遇される仕組み。成婚者の約6割が3ヶ月以内に退会しています。当サイト管理人も2か月半で運命の相手と出会いました。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

マリッシュ 再婚者やシンママも歓迎。幅広い層が利用
マリッシュのLP 【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】17,880円(税込)※女性は無料
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

ペアーズのように「いいね!」を送ってマッチング。マッチング型は若い人の利用が中心ですが、マリッシュは再婚を応援したり、「バツあり」優遇策を実施。そのため、幅広い年代層の利用者がいます。
また、初婚の方でも再婚希望者に理解のある方が多いです。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

楽天オーネット 相談所単体で最大の会員数を誇る老舗
楽天オーネットのLP 【種類】結婚相談所
【年間料金目安】294,624円(税込)
【ご利用エリア】全国
【年齢】20歳以上

 

1989年に誕生した老舗で、楽天グループが運営。会員数は45,000人以上で、結婚相談所単体として業界最大規模。
紹介書やイントロGなど、5つのスタイルでお相手と出会えます。同じアドバイザーが成婚まで一貫サポートします。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

パーティーパーティー BJが手掛ける婚活パーティー
パーティーパーティーのLP 【種類】婚活・お見合いパーティー
【参加料金目安】女性:1,500〜8,400円 男性:4,500〜10,300円
【ご利用エリア】東北・関東・甲信越・東海・関西・中国・九州
【年齢】企画毎に異なる

 

国内最大の結婚相談所ネットワークを持つ、東証一部上場企業のIBJが運営。クオリティの高いパーティー運営を目指し、月間参加者4,500人以上・平均カップリング率45%の実績。
3つの割引制度に加え、業界初となる「全額返金保証」が評判です。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

ペアーズ 圧倒的会員数の国内最大級サイト
ペアーズのLP 【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】17,760円(税込)※女性は無料
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

「いいね!」送信によるマッチングスタイルの元祖。2012年11月のサービス開始以来、またたく間に会員が増え、遂に累計570万人を突破しました。
シンプルな仕組みながら、フェイスブックアカウントを使った安全性の高いサイト。20代・30代の独身者から圧倒的な支持を得ています。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

82の婚活サービスから目的にあわせたおススメのサービスをご紹介