3種類の婚活サービスを比較します

婚活サービスは3種類。適性に合わせて選びましょう

 

 

 

これから婚活を行う方の中には、婚活サービスを活用したお相手探しを検討している方もいることでしょう。

 

婚活サービスと一口にいっても大きく3つの種類があり、自分の適性に合わせて選ぶことになります。

 

ここでは、結婚相談所・婚活サイト(アプリ)・婚活パーティーの3つの婚活サービスに関して、特徴やメリット・デメリット、さらには大まかな成婚率について解説していきます。

 

婚活サービスを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

 

目次

  1. 結婚相談所の特徴と大まかな成婚率
    • 結婚相談所の特徴
    • 結婚相談所のメリット・デメリット
    • 結婚相談所の大まかな成婚率
    • 結婚相談所のおすすめの選び方
  2. 婚活サイト(アプリ)の特徴と大まかな成婚率
    • 婚活サイトの特徴
    • 婚活サイトのメリット・デメリット
    • 婚活サイトの大まかな成婚率
    • 婚活サイトのおすすめの選び方
  3. 婚活パーティーの特徴と大まかな成婚率
    • 婚活パーティーの特徴
    • 婚活パーティーのメリット・デメリット
    • 婚活パーティーの大まかな成婚率
    • 婚活パーティーのおすすめの選び方
  4. まとめ

 

スポンサーリンク

1.結婚相談所の特徴と大まかな成婚率

 

結婚相談所の特徴

昔ながらの業態の婚活サービスといえるのが、結婚相談所サンマリエツヴァイのように、30年以上の運営実績を持つ所もあります。

 

結婚相談所最大の特徴といえるのが、専任のカウンセラー(相談所によっては、アドバイザー・コンシュルジュなどの呼び名も)が付いて成婚に至るまでサポートをしてくれること。

 

結婚相手候補の紹介はもちろん、お見合いのセッティングや各ステップでの相談・アドバイスを行ってくれます。

 

結婚が決まる最後までサポートしてくれるのは、3つの婚活サービスの中でも結婚相談所だけです。

 

よって、今まであまり恋愛経験がなく手厚いサポートが欲しいという方には、最適といえます。

 

一方、カウンセラーの人件費や店舗運営費などのコストがかかるため、料金は他のサービスと比較して割高になります。

 

結婚相談所のメリット・デメリット

結婚相談所のメリット
  • 経験豊富なスタッフが成婚までサポートする
  • 真剣に結婚を希望している人と出会える
  • 各種証明書提出済の、身元がしっかりしている人と出会える
  • 相手がどのような人物か、プロフィール情報がわかる
  • 成婚までのスピードが早い
結婚相談所のデメリット
  • 利用料金が比較的高い
  • 入会手続きが手間で面倒
  • 会員数が他の婚活サービスに比べて少ない
  • 会社やスタッフによってサポートの質が異なる

 

 

結婚相談所の大まかな成婚率

実はそれぞれの結婚相談所において、成婚率の算出方法が異なり、統一した数式は存在していません。

 

大きく分けると以下2つの方法に分けられ、それぞれの成婚率の目安としては以下の通りとなります。

 

【1】成婚退会者数÷全体の退会者数

退会者の中で、成婚退会者の割合がどの位いるかという方法で計算しています。

 

平均的な成婚率は50%といったところ。退会者の半分が、婚約しての退会ということです。

 

IBJメンバーズ55.4%フィオーレ(西日本)54.0%などの実績があります。

 

【2】成婚退会者数÷在籍会員数

国勢調査の婚姻率の算出方法と同じ計算。先ほどの方法に比べて成婚率は低くなります。

 

一般的にこの計算方法では、結婚相談所の成婚率は10%程度といわれています。

 

パートナーエージェント27.2%の実績を出し、第三者機関の調査では実績ナンバーワンとされています。

 

結婚相談所の利用を検討している方は、説明会で成婚料を聞いてから入会の判断をするようにしましょう。

 

結婚相談所のおすすめの選び方

結婚相談所を選ぶ際は、以下2つの方法のいずれかで選ぶことをおすすめします。

 

自分の目的・状況にあわせて選ぶ

結婚相談所は、国内に約4,000社もあるといわれています。そして、様々なタイプの相談所にわけることができます。

 

知名度の高い大手結婚相談所、ハイステイタスな男性に限定した相談所、地域密着型の相談所などそれぞれの相談所は特徴があります。

 

各相談所の特徴から、自分が望む婚活スタイルを実現でき、望む相手を見つけられそうな相談所を探します。

 

 

人気ランキングから選ぶ

人気がある結婚相談所は、それだけ多くの利用者から支持されている証拠です。

 

口コミや評判、評価が良い相談所は必然的に多くの利用者が集まることになります。

 

後は相性の問題なのですが、少なくとも満足している人が多いという点は、安心材料の一つになりますね。

 

2.婚活サイト(アプリ)の特徴と大まかな成婚率

 

婚活サイトの特徴

インターネットを通じてお相手探しを行う婚活サービスが、婚活サイト

 

最近はスマホのアプリを主体にした婚活アプリも増えていますが、婚活アプリも同じ分野のサービスといえます。

 

婚活サイトの大きな特徴は、何といっても「手軽さ」にあります。

 

結婚相談所に比べて料金は格段に安く(年間でも数万円)、入会時に各種証明書の提出は必須ではありません。誰でも簡単に始めることができます。

 

そのため、累計会員が570万人を突破したペアーズをはじめ、利用者が多いのもメリット。そのため、出会いの機会が増えるのです。

 

婚活サイトでは、主に検索機能を利用して条件を絞ってお相手を探していきます。

 

良いお相手を見つけたら、「いいね!」などで相手に好意を伝えます。相手がOKであれば、マッチングが成立。メッセージ交換が可能になるという流れです。

 

メッセージ交換から成婚まではサービス外となるため、自分で頑張る必要があります。また、気軽に入会できる点が逆にアダとなり、遊び目的で利用する人もゼロではありません。

 

婚活サイトのメリット・デメリット

婚活サイトのメリット
  • リーズナブルに利用できる
  • 会員数が多い
  • いつでもどこでも利用できる
  • 条件や価値観から相手を探せる
  • 実際に会う前にメッセージのやりとりをして相手を知れる
婚活サイトのデメリット
  • 安全面に不安がある
  • 会員の中には本気度が低い人もいる
  • メール交換から先は自分で努力しなければいけない
  • ドタキャンや音信不通になるケースがある
  • 容姿やプロフィールのみで判断される

 

 

婚活サイトの大まかな成婚率

残念ながら婚活サイトでは、成婚率を計算することはできません。

 

なぜなら、婚活サイトはメッセージ交換から先のユーザー動向までを追う事は不可能なためです。

 

とはいえ、私の実感からすると婚活サイトで成婚にいたる割合は決して小さくないという印象を受けます。

 

私自身は、結局婚活サイトのユーブライドで見つけたお相手と結婚しました。また、私の周囲にも婚活サイトで出会い結婚した人は少なくありません。あくまでも体感値ですが…。

 

ペアーズによると、男性のマッチング率は10%

 

少ないと感じられるかもしれませんが、会員数がとにかく多いので100人くらいに「いいね!」を送ることはすぐにできます。

 

そのうち10人とマッチングしてメッセージ交換ができるという計算です。

 

女性はほっておいても相手から「いいね!」が届くので、良さそうな相手を選べばよいのです。

 

異性の会員数が圧倒的に多いという点は、婚活サイトでのお相手探しに大きな利点となります。

 

婚活サイトのおすすめの選び方

婚活サイトでは、以下3つの視点から選ぶと良いでしょう。

 

自分の目的・状況にあわせて選ぶ

婚活サイトにもいろいろな種類があり、それぞれ利用しているユーザー層も異なります。

 

例えば、老舗の婚活サイトは30代・40代が多く、マッチング形式の婚活アプリは20代が多い。

 

さらには中高年シニアに特化したサービスや、再婚者・シングルマザーを支援しているサービスもあります。

 

また、入会条件を設けたハイステイタス限定のサービスや、特定の職業に限定したサービスも。

 

「どのような相手と会いたいか」によって、婚活サイトを選びます。

 

 

料金から選ぶ

婚活サイトのメリットの一つは料金が安いこと。そのため、コスト面を考慮して婚活サイトを選ぶ人も少なくありません。

 

婚活サイトの中には無料で利用可能なサービスもあるため、複数のサービスに登録することでより出会いのチャンスを増やすことも可能です。

 

 

人気ランキングから選ぶ

利用者が多いということは、それだけ多くの人に支持されている証拠でもあります。また、利用者が多いほど出会いのチャンスも増えます。

 

「無難に人気のある婚活サイトを使いたい」という方は、ランキングを参考にしてみましょう。

 

3.婚活パーティーの特徴と大まかな成婚率

 

婚活パーティーの特徴

婚活パーティー・お見合いパーティー・街コン・合コンなどは、こちらのジャンルに入ります。

 

結婚相談所と婚活サイトが相手のプロフィールから会う人を選ぶのに比べ、婚活パーティーは最初にお相手と会ってから判断していくことになります。

 

「プロフィールだけだとわからないことが多いので、直接会ってお話してから相手を決めたい」と、婚活パーティーを選ぶ人も少なくありません。

 

特にお話するのが好きな社交的な方は、婚活パーティーを選ぶことが多いです。

 

最近は、年代別や趣味別、ハイステイタス向けなど様々な企画のパーティーが開催されており、自分が出会いたい人に容易に会えるようになっています。

 

基本的な婚活パーティーでは、参加した異性のお相手全員とお話をして、最後にカップリング。カップリングしたら連絡先交換をするという流れです。

 

参加費はそれほど高くはありませんが、カップリング成立後はサービスの範囲外であり、自分たちで成婚まで持ち込む努力が必要です。

 

また、基本的に婚活サイト同様、各種証明書の提出は必須ではありません。そのため、ヤリ目(体目的)や既婚者の参加者も紛れ込んでいる可能性もゼロではないので注意しましょう。

 

婚活パーティーのメリット・デメリット

婚活パーティーのメリット
  • 最初からお相手候補の人と出会える
  • 一度にたくさんのお相手候補と出会える
  • 手頃な価格で参加出来る
  • 限定企画で会いたい人に出会える
  • カップリング不成立でも恥ずかしくない仕組み
婚活サイトのデメリット
  • 安全性に不安がある
  • 人見知りの人にとっては苦痛に感じる
  • 1人1人と話し合う時間が少ない
  • カップリングから成婚までは自助努力が必要
  • 自由に時間を決められない

 

 

婚活パーティーの大まかな成婚率

婚活サイト同様、婚活パーティーはサービスの性質上成婚率までを追うことができません。把握できる数字は、カップリング率までです。

 

参考としてホワイトキーパーティーパーティーはカップリング率実績45%という数字を公表しています。

 

ちなみにインターネットの情報によると婚活パーティーの推定成婚率は約2〜3%とのこと。

 

裏付けがないのと、追跡調査ができない分低めに出てしまう懸念はあるとは思います。

 

私の周囲にも婚活パーティーで知り合って結婚したカップルはいるので、結局のところその人次第ということになるでしょう。

 

婚活パーティーのおすすめの選び方

様々な婚活パーティーが存在しますが、それぞれに何か大きな特徴があるかというとさほどありません。

 

よって、婚活パーティーのサービスで選ぶというより、企画内容で参加するパーティーを選ぶことをおすすめします。

 

まずは、自分が参加できるエリアの中からパーティー会社を選択してみましょう。

 

【参考記事】エリア別お見合い・婚活パーティー・街コン比較

4.まとめ

それぞれの婚活サービスに特徴があり、人によってどれが適性か変わって来ることでしょう。

 

結婚は人生の一大イベントの一つですから、じっくりと見極めて選ぶようにしましょう。

 

もちろん婚活は簡単にはいきません。私も途中、心が折れそうになったこともありました。

 

しかし、後から振り返ってみると、結婚を願うたくさんの異性とお会いできたことはとても貴重な経験でした。何だかんだで楽しく、今では懐かしい思い出です。

 

どの婚活サービスを選ぼうと、悔いのないお相手探しをしてみてくださいね。

 

おすすめの人気記事

 

先月の利用者数総合ランキングベスト10

毎月1日更新。当サイトで紹介している全ての婚活サービスの月間利用者数をランキング形式で紹介しています。

 

当サイトが調査した婚活サービスリスト

当サイトで紹介している常時70以上の婚活サービスを、一覧で紹介しています。

 

都道府県別結婚相談所一覧

都道府県ごとに利用できる、おすすめの結婚相談所を紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

 

【毎月1日更新】先月の利用者数総合ランキング

ユーブライド当サイト管理人が成婚!+1ヵ月分無料キャンペーン中
【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】27,840円(税込)※無料会員のまま成婚も可
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

1999年開始の老舗で累計会員数は110万人を突破。東証一部上場企業ミクシィのグループ会社が運営。
新規会員ほど出会いの機会が優遇される仕組み。成婚者の約6割が3ヶ月以内に退会しています。当サイト管理人も2か月半で運命の相手と出会いました。




マリッシュ再婚者やシンママも歓迎。幅広い層が利用
【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】17,880円(税込)※女性は無料
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

ペアーズのように「いいね!」を送ってマッチング。マッチング型は若い人の利用が中心ですが、マリッシュは再婚を応援したり、「バツあり」優遇策を実施。そのため、幅広い年代層の利用者がいます。
また、初婚の方でも再婚希望者に理解のある方が多いです。




楽天オーネット相談所単体で最大の会員数を誇る老舗
【種類】結婚相談所
【年間料金目安】294,624円(税込)
【ご利用エリア】全国
【年齢】20歳以上

 

1989年に誕生した老舗で、楽天グループが運営。会員数は45,000人以上で、結婚相談所単体として業界最大規模。
紹介書やイントロGなど、5つのスタイルでお相手と出会えます。同じアドバイザーが成婚まで一貫サポートします。




パーティーパーティーIBJが手掛ける婚活パーティー
【種類】婚活・お見合いパーティー
【参加料金目安】女性:1,500〜8,400円 男性:4,500〜10,300円
【ご利用エリア】東北・関東・甲信越・東海・関西・中国・九州
【年齢】企画毎に異なる

 

国内最大の結婚相談所ネットワークを持つ、東証一部上場企業のIBJが運営。クオリティの高いパーティー運営を目指し、月間参加者4,500人以上・平均カップリング率45%の実績。
3つの割引制度に加え、業界初となる「全額返金保証」が評判です。




ペアーズ圧倒的会員数の国内最大級サイト
【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】17,760円(税込)※女性は無料
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

「いいね!」送信によるマッチングスタイルの元祖。2012年11月のサービス開始以来、またたく間に会員が増え、遂に累計570万人を突破しました。
シンプルな仕組みながら、フェイスブックアカウントを使った安全性の高いサイト。20代・30代の独身者から圧倒的な支持を得ています。




82の婚活サービスから目的にあわせたおススメのサービスをご紹介